30年後 この国の未来は?

皆さん、こんにちは。

今回は、30年後のことを少し考えてほしいのです。

皆さんの年齢は45歳前後でしょう。

■30年前の日本の立ち位置

30年前は、日本が世界の中で経済面はリーダーと言えました。

その1つを紹介しましょう。

これが1989年の企業の時価総額ランキング世界TOP5です。

第1位 NTT(日本) 1638億ドル

第2位 日本興業銀行(日本) 715億ドル

第3位 住友銀行(日本) 695億ドル

第4位 富士銀行(日本) 670億ドル

第5位 第一勧業銀行(日本) 660億ドル

どうですか?

世界のTOP5はすべて日本企業だったのです。

このことからも、世界の中での日本の企業の優秀さが分かります。

おそらくこの1989年が日本企業の価値がピークだったと言えます。

ここから日本企業の株価は下降線をたどり、諸説ありますが、

1991年に『バブル崩壊』となっていきます(地価が著しく低下し始めたのはこのころ)

ちなみに、この10年後の1999年に第2位の日本興業銀行、第4位の富士銀行、第5位の第一勧業銀行が事業統合を発表し、資産140兆円のみずほFDが生まれることとなります。

■今の日本の立ち位置

まず2021年9月の世界の企業時価総額ランキングTOP5を見てみましょう。

第1位 アップル(米) 2兆4325億ドル

第2位 マイクロソフト(米) 2兆2508億ドル

第3位 アルファベット(米) 1兆8990億ドル

第4位 サウジアラムコ(サウジアラビア) 1兆8624億ドル

第5位 アマゾン(米) 1兆7333億ドル

となっています。

第3位のアルファベット?聞いたことないなぁ・・・?

このアルファベットという会社は、グーグルの持株会社になります。

残念ながら日本の企業では、第35位のトヨタ(2518億ドル)が最上位です。

30年で世界の企業はどんどん力をつけて、日本企業は残念ながら取り残されています。

■30年後の君たちは

30年後・・・皆さんは50歳を目前に控え、日本という国の中心的な存在になっていることでしょう。

もちろん、大学入試で第一志望に合格することも重要です。

今回は、その先のことをちょっと考えて欲しいのです。

①世界の人々と対話できる語学力

②周囲の人々に自分の考えを理解してもらい、協働を促すリーダーシップ

③常に問題を見つける目を持ち、持っている知識を最大限活かして解決する力

④自分がこの世界(日本)の役にたつ人間になるという使命感

この4つを身に着け、それを常に考えながらに生きていって欲しいと思います。

4+