ミッケ!という本の話

濱田です。寒い日が続いています。体調管理に気を付けましょう。

 

 

皆さんはミッケ!という本を見たことがありますか?

ミッケはものすごく情報量の多いイラストの中から、

指定されたものを見つける「ウォーリーを探せ」のような本です。

指定のものが見つかったときに「ミッケ!」と声を出します。

私も小学生時代に図書室で読んでいました。

 

 

指示がなければ、わざわざ書かれているものを一つ残らず凝視しようとは思いません。

しかしそこに、「貝殻を探せ」とか、「ビー玉を探せ」という指示が加わるだけで

子供たちは小物の一つも見逃さないようガン見をし始めます。

目的があれば何気ないものでも真剣に見るようになるのです。

 

 

皆さんの日常生活にも良いきっかけである「ビー玉」が隠れています。

それを何気なしに見逃す人もいれば、皆さんも「ミッケ!」出来るように頑張ってください。

1+