明日やろうは馬鹿やろう

皆さんこんにちは、鼻炎でぴえんな下野です。

過ごしやすい気候なのに私にとっては本当につらーい季節です...

既に3月も半ばで今更感はありますが、3年生の皆さん、受験本当にお疲れ様です。そしてご卒業おめでとうございます。

さて、さっそく本題ですがタイトルの言葉「明日やろうはバカ野郎」という言葉はご存知でしょうか??調べてみると元ネタは2007年に山Pと長澤まさみさんが主演を務めたドラマの「プロポーズ大作戦」のセリフらしいです。ドラマの内容は全く関係ないので、知らない人で気になる人はぜひ調べてみてください。(ちなみに私は見ていました)

若干話がそれましたが、「明日やろうはバカ野郎」この言葉を聞いて、何かさぼった経験がある人、受講を後回しにしてしまった、そしてためてしまった人はドキッとしたかもしれません。実際私も課題とか後回しにして後で苦しむタイプでした。経験がある人はわかると思いますが、結局後回しにしてこの一瞬楽しても未来の自分を苦しめるだけなんですよね。もし、疲れたなって息抜き感覚でこのブログを読んでいる人がいたら、勉強疲れたし今日はやめようかなって考えている人がいたら、今から自分にこの2択を聞いてください!


1. 今日はもう諦める=今日は楽できるけど未来の自分が苦しい

2. 今日もうひと踏ん張りする=未来の自分に余裕ができる


春休みで課題も多いし受講もやらなくてはいけなくて後回しにしたくなると思いますが、毎日ちょっとずつ踏ん張ってみませんか?+αで頑張ってみませんか?その踏ん張り、頑張りの積み重ねが未来の自分を作っているかもしれません。是非、目の前の楽じゃなくて先を見通した決断をしてください!




ただ、どうしてもど~しても今日はできないって日があるかもしれません。新高3の人は特に頑張ってほしいですが、本当に無理ならやらないという決断も私はいいのかなと思います。しかし、やらないという決断をするならその時間を有効的に使ってください。それはテレビやゲームではないですよ!

志望校が県外の人もきっといますよね。そんな人はお父さんお母さんの家事を手伝ってください。それは一人暮らしした時にきっと役立ちます。これは受験後のもっと先の未来の自分のためになります。そしてあと数年しかない家族との貴重な時間になります。親孝行にもなります。私もこの1年一人暮らしをして感じます。家事って本当に大変。親って本当に偉大。もし勉強をしないという選択をしたとしても家事を手伝うことは最終的には自分のためになるのでバカ野郎ではないのかな、なんて思います。

長くなりましたね、失礼いたしました(__)

とりあえず、

つらくなったら踏ん張り!やってみよう。

2+