東進の新年度特別招待講習

10月23日実施 高3HR内容

模試の復習は『タイミング』と『反復』が重要(ここから模試が増える対策として)

ここから、年末に向けて模試が増えてきます。各予備校は、ここから『本番に出そうな問題』を予備校の威信をかけて当てにきます。

言い換えれば、今からの模試の問題と全く同じ問題が出る可能性は極めて高いと言えます。

その模試の問題を、放置せず確実に分かる・解けるように丁寧に1問1問に対応していくことが重要です。

 

  1. 模試復習は、当日まで(遅くとも翌日までに)・・・このタイミングが模試復習の時間短縮と記憶の定着度合アップ!
  2. 模試前日に前回模試の2回目の復習を・・・結果的に2回復習のルーティンが出来ます。このパターンを徹底せよ。

 

共通テスト系と二次私大系の2種類は分類し、復習をスピーディーにやれるような工夫をしていきましょう。

 

■今月の模擬試験

  1. 10月25日(日) 全国統一高校生テスト(マーク模試)
  2. 11月 1日(日) 全国統一医学部テスト
  3. 11月23日(祝) 早慶上理・難関国公立大模試 全国有名国公私立大模試
  4. 12月13日(日) 最終共通テスト本番レベル模試【受験会場=富山大学・五福キャンパス】

 

・②③の模試は各自のPOS画面から申込をしてください。

・①~③に関しては、後日受験(内部生のみ。外部生は不可)を実施します(①のみ後日受験料は不要です)

※①の後日受験に関して・・・11月1日(日)に同じ時間割で1日実施(平日の受験はなし。②よりも①を優先)

ただし、11月1日(日)試験の生徒は、平日受験も認めます。平日受験の生徒は、

全科目受験後、すべての解答用紙とマスター用紙をまとめて提出すること。

・①の試験日である10月25日は試験会場となるため、自習や受講で校舎を使用することが出来ません。

・④は後日受験なし(後日にすると帳票が年内に返却されず、私大出願計画を立てることが出来なくなります)

※④の午後から受験を実施予定・・・12月13日に高校で模試がある場合は、

13日の21:50まで受験を認めます(時間厳守。試験時間は各自で計測)

■今週の学習目標

① 共通テスト過去問 10月25日の模試に向けて、5年分以上の完成と間違った問題のリペアをすること。

② 二次過去問演習開・・これから2か月が正念場(1日1答案目標)。12月中旬からは共通テスト総まとめへ

③ 志望校別単元ジャンル演習・・・必勝必達セットの完全修了(10月末までに)⇒11月から第一志望校対策へ

 

■今後の重要確認事項

【1】立命館大学・入試説明会 開催決定

12月4日(金) ①18:00~18:45  ②19:30~20:15 (どちらか希望の方に参加・HRは中止)

立命館大学の入試課の方をお招きして、説明会を開催します。立命館大学は、金沢での地方試験実施もありますし、共通テスト利用入試は、3・5・7科目と科目数も選べるので、富山県の受験生には、併願私大の1つとして受験が多い大学になります。入試の傾向と今後の対策をお話しいただきます(大学案内も無料で配布します)

 

【2】仕上げ特訓コース取得者の講習パック申込に関して

仕上げ特訓コースの講習パック(14枠)の中で必要講座(記述型答案練習講座など)を10月中に面談で確認します。なお、正月特訓は11月に登録予定ですので3枠は未定の状態にしておいてください。

 

【3】正月特訓の申込み(受講する科目の選択)に関して

受講する科目が10月25日の全国統一高校生テスト(マーク式)受験後に変更になる場合もありますので

11月6日から最終申込(受講する科目の確認)を行っていきます。

なお、すでに仕上げ特訓コースに申し込んだ生徒・正月特訓申込書提出者に関しては、座席を確保しています。

東進の新年度特別招待講習